中小金融も借りれない【どこも借りれない】融資審査が通らない多重債務でも諦めない

融資の審査が通らない多重債務でも融資の可能性はあります。債務整理の前に考えること

tyusyokarirenai360x120.jpg

事業者と中小金融 困ったときこそ利用して

2017年07月27日 11時23分

中小金融は個人向け融資だけではありません。
事業資金の事業者ローン、自動車ローンなども取扱商品は多いです。

中小金融の商品

フリーローンだけの金融業者も多いですが、1億円超の不動産担保ローンなどにも応じるところがあります。
審査が甘いとされる中小金融では、本当にお金に困っている方に対して、返済ができるのなら貸付をしましょうというスタンスです。
ただし金利は高いです。
事業資金などでは、大手消費者金融や銀行などの事業者ローンではなく、公的資金がベストです。
意外にも審査も甘い部分がありますが、とにかく時間がかかる。
そして、ブラック対応までは行かないでしょう。
総量規制などは無関係の事業者向けのローンですが、高い金利を払ってでもその資金の必要性をどう見るかが問題です。
企業の運命をかけたこの借金、負債を抱えていない会社の方が少ないですが、中小金融の利用に関しては、慎重に計画を立てて下さい。

求められる経営改善支援

ところで、中小金融といえるか不明ですが、事業者ローンについては、専門の業務も存在します。
立ち位置的には、中小金融ですが、専門ということを言えば、経営相談もできることです。
個人向け融資で、それができないのなら債務整理で自己破産なり任意整理ができます。
事業も同じことで、民事再生などがありますが、そこで経営を改善していくことで、長期的な返済ができる事業資金の提供を受けることができるとしたら。
中小金融の事業者ローンはそのような方を応援しています。
ブラック関係なく、事業者ローンのあるところに相談をしてみて下さい。

個人事業主の債務

事業者といっても、個人事業主個人での借入はフリーローンになります。
生活費全般ですから、事業者ローンではありません。
中小消費者金融ランキングなどで、ブラック対応のところも多いですが、個人事業主は収入面で不安があります。
確定申告書などの提出で総量規制が決まりますが、ブラックの場合、この先の返済能力の証明が極めて難しくなります。
会社員やパートなら、働けばもらえる給料です。
しかし、個人事業主は自分が支給しなければならないのですから、簡単に審査が通らないこともあります。
事業がうまく言っていないとリスクは高まるばかりです。

こんな時こそ中小金融?

本当に苦しいときの中小消費者金融です。
地域密着のところでは、地元の者に応援をしてくれるところも多いです。
個人向け融資では小口融資が対象ですが、事業資金に対応しているところに是非相談をしてみてください。
スピード審査などは期待できないのですが、何かしらの方法があるかもしれません。
地元で半世紀以上営業をしている老舗中小消費者金融などでは、このような個人事業主を多く見つめて来ていることでしょう。
tyusyokarirenai360x120.jpg