中小金融も借りれない【どこも借りれない】融資審査が通らない多重債務でも諦めない

融資の審査が通らない多重債務でも融資の可能性はあります。債務整理の前に考えること


 

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社

2019年05月07日 11時36分

  1. 消費者金融やサラ金が貸してくれない中でもお金を貸してくれるローン会社がある
  2. 過去の延滞や債務整理でブラック入りした債務者を相手してくれる会社とは?
  3. 融資の申し込みをしても審査が通らない!どこの会社を頼るべき?
  4. 消費者金融の審査に落ち続ける中で頼るべき金融機関とは?
  5. 信用情報機関の情報に問題があって審査が通らない中でも借りられる会社とは?
 
 

消費者金融やサラ金が貸してくれない中でもお金を貸してくれるローン会社がある

消費者金融などの賃金業者からお金を借りるとき、そこには当然ながら審査があります。そのため、この審査によってお金を借りられないという結果を伝えられる利用者も多いものです。

年収額が融資希望額に対して少なかったり、すでにいくつかの消費者金融から借金がある多重債務のような状況では、なかなか審査が通りにくいために、審査否決という結末になることもあります。

さらに、審査の厳しさはそれぞれの会社ごとに異なるため、正社員ではないために落とされたり、パートやアルバイトなどという形での収入であるために、審査で落とされてしまうようなこともあります。このように審査落ちの理由は色々ですが、審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社という存在も、世の中にはあるということだけは忘れないようにしましょう。

たとえば、信用ブラックなどというレベルにまで条件が悪い人の場合、消費者金融やクレジットカード会社、銀行カードローンなどはほぼ全滅ですが、それでも貸してくれるローン会社は存在します。そのひとつと言われるのが街金です。

基本は消費者金融と同じですが、それでも規模が大きな消費者金融とは違い、街金と呼ばれる業者の場合には、他社で断られるような条件の人であっても融資を検討してくれます。そのため、困ったときには頼っておきましょう。

街金は、それぞれの地域に根付いた経営をおこなっているために、基本はそのエリアに居住する方々や在勤者が借りる業者となっていますが、今は電話や郵便、ネット経由での審査や貸出をおこなう業者も増えてきています。そのため、自分が住んでいる地域以外の場所にある街金も頼れる存在になってきます。

実際、住んでもいない地域の街金に申込み、審査を通過して無事にお金を借りている人も世の中には存在しています。ですから、このような前例も踏まえて活用を検討してみましょう。

審査に通ってお金が借りられるかどうかは業者次第ですし、自分のスペックや希望額などに応じて異なりますが、他の会社よりもスムーズにお金を借りられる可能性は高いため、利用を考えたいものです。また、誤解している人もいますが、街金は合法的な業者なので利息などの面でも問題ない業者なので安心しましょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

過去の延滞や債務整理でブラック入りした債務者を相手してくれる会社とは?

各種キャッシングや消費者金融からの借入などは、基本的に利息を付けた上で返済していくこととなります。業者も返済してもらってこその商売なので、これは当然の義務となります。

しかし、借入したときには問題なく返済できる状況であっても、返済中に給料が大幅に減ったり、働けない事情ができてしまうなどして収入がなくなり、返済が厳しくなることも多々あります。こうしたとき、どうしても返済が不可能な場合には債務整理をおこなうこととなり、任意整理や自己破産などの結論を選ぶ人もいます。

ですが、これによって返済の負担が軽減されるメリットがある一方で、債務整理以後は事故情報が消えるまでは新たな借り入れが5年から10年程度不可能となります。これは、フリーローンであるキャッシングやカードローンはもちろん、クレジットカードの新規作成も不可能となります。

さらに、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなども組めなくなるため、独身時代に債務整理をして結婚後に困る事態を迎えるような人もいて、配偶者に言えない人もいます。そのため、仕方のない事情がない限りは気軽に債務整理しないほうが良いのですが、仕方のない事情があって債務整理をした場合には、その環境の中で生活していくしかありません。

ただし、ひとつ覚えておきたいのは、債務整理後の新規の借金ができるかできないかは業者側の考え方で決まるものです。つまり、債務整理をしたからと言って絶対に全ての業者から借りられないというわけでもないのです。大半の会社は審査においてNGとなりますが、審査基準が甘い会社も世の中には存在しますので、審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社という存在はあるのです。

それぞれの賃金業者ごとに審査基準は異なっており、厳格な審査をおこなうローン会社もあればゆるゆるとでも言えるような甘い会社も存在しますので、債務整理などの事情で信用ブラックになっているのであれば、こうした会社を選んで申し込んでみましょう。

結果は審査を受けてみるまでわかりませんが、ネット上で審査が甘いと評判の会社などを探してみましょう。大手消費者金融会社などの場合には厳しいものの、たとえば街金レベルの消費者金融などであれば、保証人や担保なしで融資をOKしてくれる可能性もありますし、低金利の会社も多いので、頼ってみましょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

融資の申し込みをしても審査が通らない!どこの会社を頼るべき?

お金が手元にも銀行口座にもないとき、お金を貸してくれる業者を頼るか身内からお金を借りることとなります。ただし、身内から借りることができなければ消費者金融や銀行、信販会社などから借金するほか道がありません。

しかし、相手が業者となると必ず越えなければならないハードルが審査です。親や兄弟などが相手ならば頭を下げてお願いし、尚且つ相手の手元に貸せるだけのお金があるのであれば借りることができますが、業者が相手の場合には、いくら真摯に向き合っても審査で落とされることがあります。

基本的に、過去に問題なく返済している人であれば借りることができますが、長期の延滞や債務整理などをおこなってブラック債務者となってしまうと、審査では相当厳しい結果が待ち受けています。そのため、延滞はもちろんんですが、深い考えなしに債務整理をしてしまうと返済の負担は軽くなったり、借金がチャラになることもありますが、その後は生活しにくい日々が待ち構えることとなります。

特に、今の時代はクレジットカードがないと利用できないサービスも多く、ETCカーもそのひとつです。また、海外旅行に出かける際などには利便性が高いために重宝しますが、これを持てなくなるのです。そのため、よく考えた上で行動したいものですが、すでに債務整理をしてしまったのであれば、信用ブラックでなくなるまでの日々は無借金生活をするしかありません。

ただし、そうは言ってもどうしてもお金がなくなり、借りたいときもあります。自己破産をした場合にはブラックの状態から脱するまでに、およそ10年かかると言われていますので、当初は借金をせずに生活できていても、しばらくすれば借りなければ生活が回らないこともあるはずです。

このとき、試しに消費者金融や銀行カードローン、さらにはクレジットカードなどの審査を受けてみる人もいるはずですが、やはり通りません。信用ブラックである以上、審査の際に信用情報をチェックされることで落とされるのです。しかし、全ての業者からNOと言われるわけではないことも覚えておきたいものです。

これまでに申し込んだのは、どちらかといえば審査が厳しい会社であり、世の中には審査の甘い消費者金融やキャッシング会社、カードローン会社もあるのです。そのため、審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社を探すことも大切です。街金などであれば通る可能性があるため試してみましょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

消費者金融の審査に落ち続ける中で頼るべき金融機関とは?

気軽にお金を貸してくれるというイメージが強い消費者金融ですが、当然ながら新規融資や融資額の増枠のためには必ず審査があります。この審査を通らない限りはお金を借りることができません。

たしかに、銀行カードローンなどもある銀行に比べれば審査は甘い部分もありますし、住宅ローンや自動車ローンなどを組むための審査よりは簡素なものとなりますので、借りやすいというイメージは間違っていません。しかし、消費者金融だからだれでも簡単に借りられるということではありませんので、この点だけは誤解しないようにしましょう。

また、消費者金融に何社も申し込んでも審査で落とされる場合、それは信用ブラックの可能性があります。過去に借入した際の事実が信用情報機関に残っており、その際に返済が大幅に遅れる延滞をしてしまっていたり、債務整理を数年以内にしているような場合には、お金を新たに借りられないことが多いのです。そのため、このようなことに思い当たる点があるのであれば、自分自身の責任において審査が通らないということを覚えておきましょう。

また、そのような事実がない場合には逆にヒスクレがホワイトなので、通らないことも考えられます。ある程度の年齢になっても過去に借り入れやクレジットカードの保有がない、つまりは信用情報機関にある情報が皆無ということになると、数年前に自己破産でもしているのではないかと疑われるのです。

また、焦ってお金を借りようとして、同じ日に何社にも申し込みをすれば申込ブラックになる可能性もあります。このような事情の場合、しばらくすれば通ることも多いのですが、やはり任意整理や自己破産などをしていたり、大幅な延滞があるなど、信用ブラックになっている場合には相当厳しいものがあります。

ただし、消費者金融と言っても様々な規模の会社があるために、すべての会社からNGを突き付けられるとは限りません。申し込み先を吟味することによって、融資を受けられる可能性もあるのです。そのため、審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社があるという事実も覚えておきましょう。

消費者金融会社の中でも小規模な会社で知られる街金やサラ金などは、信用ブラックであっても前向きに融資してくれる可能性がありますので、どうしてもどこも審査が通らないときには頼りましょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

信用情報機関の情報に問題があって審査が通らない中でも借りられる会社とは?

銀行や消費者金融などからお金を借りた場合や返済中の場合、その情報は逐一、CICなどの信用情報機関に情報が集約されます。賃金業者は他社における返済状況などを知らないで融資するのは危険なため、こうした第三者機関を通じて各社が情報交換をしているような状況を作り、審査の際に生かしています。

そのため、どこかの銀行や消費者金融会社、クレジットカード会社などで長期延滞をしたり、債務整理や自己破産などをしている場合には、その内容が信用情報として記載され、仮に初めて利用する会社であったとしてもその事実が知られます。そして、いわゆる信用ブラックと呼ばれる状況となってしまい、審査でほぼ確実に落とされます。

延滞の場合には、過去のことであってその後に解消されていれば、そこまで問題視されることもありませんが、債務整理の場合には、およそ5年から10年ほどは新たな借入がほとんどの消費者金融や銀行系カードローン、クレジットカード会社などから不可能となります。クレジットカードも新規発行ができなくなり、ETCカードなども持てなくなるのです。

もちろん、こうしたデメリットを知っていても、返済が厳しいがために債務整理をした人がほとんどでしょうから仕方がないことなのですが、そうは言っても債務整理をした後になってどうしてもお財布の中身が厳しくなり、急場をしのぐためにお金を貸してほしいと考えたり、教育費や入学金、入院費用や賠償費用、引越し費用などのまとまった資金や携帯やスマホ代など、日々の生活費の支払いや引き落としのためにお金を貸してほしいと考えることもあるはずです。

この際、自分が債務整理をしてから10年が経過していない場合には、まだ信用ブラックのままであるために合法的な業者から借りることを諦めて、闇金業者などに手を出してしまうこともあるのかもしれませんが、信用ブラックになったからと言って即座にヤミ金に手を出すのは少々気が早いとも言えます。なぜなら、たとえ信用情報機関の個人情報に問題があるような場合であっても、貸してくれる合法的な会社もあるのです。

もちろん、大多数の会社は審査で落とされることとなりますが、一方では審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社もあるのです。業者の審査の厳しさを把握した上で甘い会社に申し込めば審査が通ることもあるのです。たとえば街金などは通る可能性が高いと言われていますので有効活用しましょう。
 
▲メニューに戻る
 

関連ページ