中小金融も借りれない【どこも借りれない】融資審査が通らない多重債務でも諦めない

融資の審査が通らない多重債務でも融資の可能性はあります。債務整理の前に考えること


 

消費者金融でも借りれない

2019年04月16日 15時44分

  1. 消費者金融カードローンと審査基準
  2. 審査基準が低い消費者金融が存在していることを知っている?
  3. 大手消費者金融に続けて申し込みをするとブラックリストになる?
  4. 金融事故があると借りられないけれど
  5. 多重債務者は新規キャッシングではなくまとめローンも検討してみて
 

 

消費者金融カードローンと審査基準

お金を借りる、金融会社と言えば消費者金融でしょう。
ただクレジットカードのキャッシング枠や銀行カードローンのキャッシングも可能です。
消費者金融は最後にしたいという気持ちもわかります。
 

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードの申し込みの時に、収入がありキャッシング枠を付けたら、たまたま審査に通った方も多いです。このキャッシング枠は自由設定です。たまたま付けたので借りてみたという方も多いことでしょう。
金利は大手消費者金融並です。

そして、銀行カードローンは口座があるところでキャンペーンなどで申し込みをしたり、銀行で勧誘されることもあります。こちらは低金利であり、口座引落の返済もでき使い勝手は良いでしょう。

クレジットカードや銀行カードローンの場合は、ついでで借りている感覚があり、キャッシングをしている気持ちにならない。しかし、消費者金融というとお金を借りている自分って自覚をすると言います。
そんなのは関係ない方もいますが、消費者金融には抵抗がある方も少なくないでしょう。
 

 

審査基準から行くと

銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠より消費者金融の審査基準が低いでしょう。
借りやすい点からいっても、お金を貸すための金融業者の大手消費者金融ですから、当然のことです。

消費者金融からの借り入れができないことで、銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングの申し込みはできないとされています。銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング、消費者金融の順の審査基準が低くなっていきます。
 

銀行カードローンの審査落ちはあまり気にしないで

銀行カードローンの審査基準に関しては、案外と厳しいとされています。
ネット銀行などが比較的借りやすいと言います。

専業主婦は銀行カードローンしか借り入れができない可能性があり、消費者金融での契約ができません。
信用情報などの内容が自信がない方は、銀行カードローンの申し込みはしないことで、最初から大手消費者金融カードローンなどに行くことをオススメします。
 

その大手消費者金融の審査に通らない?

その先のこととして、中小消費者金融に行くか、多重債務者で返済が困難な方は債務整理をすることです。
現在は、まだ過払い金請求ができます。弁護士などに相談をして債務整理前提で相談をしてみて下さい。

中小消費者金融に行くのも良いですが、借りれたとしたら、返済額が増えて結果的に債務整理をすることになります。それなら、その前の任意整理などがオススメであり、債務整理後の中小消費者金融も可能です。
 
▲メニューに戻る
 

 

審査基準が低い消費者金融が存在していることを知っている?

お金を借りる候補として、消費者金融がオススメです。
大手消費者金融カードローンなら、即日融資ができ、申し込みも簡単です。
 

審査がある

どんなカードローン、キャッシングでも審査があります。
お金を借りる時に必要なことは、自身に収入があることです。
しかも安定した収入であり、借りたお金を返す事ができる返済能力が審査の基準になります。

消費者金融では、この点のクリアが必要です。
フリーローンでも、借りたは良いけれど返せないでは話しにならないでしょう。
それと、過去数年間と現在の借り入れ状況の信用情報機関の照会が同時に行なわれます。
 

 

審査基準の違い

消費者金融というと、大手消費者金融がポピュラーです。WEB完結、最近ではアプリでもキャッシングができますが、実は大手消費者金融以外にも消費者金融は存在しています。

もともと消費者金融は、サラ金です。サラ金が消費者金融と名称を変えましたが、その時に消費者金融の法律である貸金業法も大きく改正になりました。利息制限法などで、高い金利で貸付を行っていたサラ金では過払い金の支払いなどで、弱体金融業者は姿を消していきました。

ところが、もともと小規模で行っていたサラ金では、現在も中小消費者金融や街金として健在です。
こうした金融業者では、大手消費者金融割も低い審査基準で貸金を行っています。
 

あまり知られていない中小消費者金融と街金

消費者金融というと、大手しか知らない。または、銀行カードローンしか知らない方も多いですが、街金や中小消費者金融の審査基準で借りれる方もいます。

情報サイトでは、ブラック対応と称して、情報発信をしています。
審査基準が低いことで、大手消費者金融では借りられない方でもキャッシングができるとの評判です。
あまり知られていないのは、CMなどをしていないからであり、インターネットの情報に頼ることで、信用できる中小消費者金融や街金を探すことができます。
 

大手消費者金融カードローンの審査に通らない時には

こうした中小消費者金融や街金の審査を受けてみてください。
借りれるかどうかは審査次第ですが、大手消費者金融の審査内容とは、かなり違う点もあります。
大手消費者金融カードローンしか知らない方にとって、この事実は衝撃的であり、ブラックリストだけど借りれたとの口コミが多いです。

消費者金融でも借りれないという時、その消費者金融が大手の場合は、中小消費者金融も街金もまだ存在しているということを言いたいです。全国対応、地域限定の金融業者になりますが、インターネット対応しているところも少なくないです。
 
▲メニューに戻る
 

 

大手消費者金融に続けて申し込みをするとブラックリストになる?

消費者金融の審査では、収入と信用情報の内容で審査を行います。
自身が多重債務者である時、その内容はだいたい想像が付くことでしょう。
 

申し込みブラック

申し込みブラックとは、審査が比較的厳しい大手消費者金融や銀行カードローンなどで、短期間に続けて申し込みをしてしまう事実を言います。

ただ申し込みをして、全てが審査落ちになると、そこから半年間はどうしたって審査に通らないことになります。
これは、続けて申し込みをすることが、お金に困っている、返済リスクが高い申込者だと判断されるからです。
多重債務者などでは、これ以上借りられないのに、何度も申込をしている。その事実だけで金融事故者になってしまいます。

大手消費者金融では続けて申し込みをしたとしても、2番目に申し込みをした時に審査に通れば問題はありません。2番目も審査落ちになってしまうと、即申し込みブラックになってしまうという最悪の事態になります。
この事実を知らずに、次にも大手消費者金融の申し込みをしてしまう。
当然審査落ちになり、申し込みブラックとして登録されてしまいます。
 

 

申し込みブラックになったら?

どうしても借り入れをしたい時には、中小消費者金融とか街金の申し込みをしてみることです。
ここでも申し込みブラックにこだわるとこがありますが、一応の審査をしてくれる場合があります。
個人信用情報機関の内容で、その低い審査基準に合致する内容であり、返済ができるだけの収入があることが条件です。

中小消費者金融では、ブラックでも返済ができるのなら、申し込みブラックでも借りれることがあります。
審査次第ですが、少額のキャッシングであれば借りれる可能性があります。
 

むやみに申し込みはしない

大手消費者金融の申し込みをして審査に通らない時には、次の大手消費者金融の申し込みは少し期間をおくことです。

やってはならないのは、審査落ち直後に申し込みをすることです。せめて1ヶ月程度待ってから、大手消費者金融の審査に申し込みをすることが、申し込みブラックにならないと言われています。

多くの方は、慌ててすぐに申し込みをしてしまう傾向にありますが、それはとても危険なことであり、審査落ちしてしまった時には、少し待つ。家族などにお金を借りることで、信用情報に無関係な借金を検討して下さい。

個人信用情報機関は、すべての借り入れ、クレジットカードの情報が詰まっています。
そこに申し込みをした時に記録されますから、むやみに申し込み数は増やさないことです。
それが、金融事故者にならないコツの1つです。消費者金融での審査落ちは、何かしらの影響で借り入れができないという結果であり、原因がわからない時には、ひとまず諦めるということです。

中小消費者金融に行くときには、事前に安心できる金融業者であることを確認して下さい。
口コミなどでも参考して、申し込みブラックは重視しないところがベターです。
 
▲メニューに戻る
 

 

金融事故があると借りられないけれど

金融事故とは、個人信用情報機関の記録の中で、借金に対してのマイナス要因を指します。

信用情報機関に記録されているのは、借金の貸し借り、返済の内容です。
クレジットカード、各種ローン、キャッシングについての類書くな記録があります。
更新されていく情報であり、キャッシングやクレジットの審査では最新の情報で判断をします。
 

金融事故があると

大手消費者金融カードローン、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングなどの審査に通らないとされています。その金融事故の内容では、たくさん借りすぎている、返済日に返していない、あちこちから少額だけど借りているなどです。

厳密には、ショッピングや各種ローンとキャッシングでは、見る観点が違うと言います。
限度額の問題でそれぞれ違う限度額設定になっていますが、返済記録に関しては、ほぼ同時に確認されています。
ですから、とにかく返していない事実がある金融事故では、キャッシングは先ずできないとされています。
 

 

どこまでの金融事故なのか?

消費者金融でも審査基準が多少違います。
厳しい審査の消費者金融は大手であり、中小消費者金融では若干審査内容が低くなります。

例えば、大手消費者金融の借入件数は多くて3件程度ですが、中小消費者金融では4件までの審査通過があると言います。この中小消費者金融の審査が、消費者金融では最大に甘いとされていて、ここの審査落ちではもう借りれる金融業者がないと言われています。

金融事故があっても借りれるとされる中小消費者金融では、返済能力があれば対応するということです。
 

大手消費者金融審査落ちで諦めない

中小消費者金融の甘い審査で借りれるというのは、大方少額融資になります。
必ず総量規制範囲内であり、10万円以下の借り入れになることが多いです。
それでも、あと数万円のキャッシングだけで良いと言うのなら、中小消費者金融に行くことをオススメします。

しかし、ここで審査落ちになったとしたら、何からの金融事故があり、金融業者のキャッシングができないことになります。そして、その次に借りれるところは皆無です。
 

借りられない現実に直面したのなら

審査落ちの原因としては、多重債務で総量規制に余裕がないことが多いでしょう。
借り過ぎということです。順調に返済をしていたのにもかかわらず、もう借り入れができないということです。

または、他社のキャッシングの返済をしていない状態であるとか、総量規制以上のキャッシングをしていたりすると審査に通らないです。多重債務はまとめローンで少し低金利のキャッシングの申し込みもできます。

もう新規キャッシングができないけれど、低金利まとめローンに借り換えができるというのなら、相談をしてみて下さい。この時に返済シミュレーションを確認の上、返済できる範囲内であればオススメです。
もう返済が困難であるのなら、債務整理をした方が良いでしょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

多重債務者は新規キャッシングではなくまとめローンも検討してみて

ローンカードがある大手消費者金融では、審査は厳しい消費者金融だと言われています。
申し込みも簡単で即日融資もできますが、その分返済能力の高さが求められています。
 

便利さと厳しさ

大手消費者金融カードローンでは、少ないキャッシングで確かに返済ができる。
もしもの時に仕方無く借り入れができる便利なキャッシングとして登場しています。

総量規制の限度額では、年収3分の一ときまっていて、それ以上のキャッシングができません。
年収3分の一というのは、無理なく返済ができるとされる数字ですが、それに金利が加わるので、実際の返済負担は相当なものです。多重債務だったり、借り入れがある方の審査がきびしいのは当然です。
 

 

その消費者金融で審査に通らない

ですから、大手消費者金融の審査落ちは珍しいことではありません。
現在審査通過率は50%程度です。借りれるかな?と申し込みをしてみたらダメだったという口コミも多いです。簡単に申し込みができるからこそ、こうした審査落ち経験者も多いということです。

ちなみに、大手消費者金融の審査落ちだからとそんなに落ち込むことはありません。
どうして借り入れができないかを考えてみましょう。
 

案外多い借り過ぎ

年収3分の一までは借りていないけれど、あちこち少額ずつでもローンカードを持っていても審査に通らないです。無利息期間ハンターのように、あちこちの大手消費者金融に申し込みをして借り入れているだけでも印象は良くないです。

借り過ぎは金額もありますが、件数が多いだけでも審査落ちになります。
それを知らずに大手消費者金融に片っ端から申し込みを続けると、それも審査落ち原因になります。

使っていないローンカードが多いというのも、もしかしたらあちこちで極端なキャッシングをする人?と警戒されることになります。簡単に申し込みができるからと借り過ぎてしまうと審査落ちになります。
 

この場合の審査落ち解消法

これから使用するだろうというカードローンだけを手にして、ふとは完済したら解約をすることです。
この時に、完済がめんどうであれば、まとめローンの申し込みをしてみてください。
新規キャッシングと違い、多重債務分だけの借り入れして返済目的のキャッシングです。
これは新たなキャッシングではないので、手元にはお金は入りません。

まとめローンにすることで、金額が大きくなるとして、総量規制以上になったとしても、総量規制対象外の商品ですから安心です。そこでまとめローンで、その他の大手消費者金融の完済をした上で、返済をしていきます。
完済後は普通に新規キャッシングができます。
 
▲メニューに戻る
 

関連ページ