中小金融も借りれない【どこも借りれない】融資審査が通らない多重債務でも諦めない

融資の審査が通らない多重債務でも融資の可能性はあります。債務整理の前に考えること

tyusyokarirenai360x120.jpg

審査に落ちても借りれる

2017年10月19日 13時34分

  1. 銀行カードローンの審査に落ちたら?
  2. 専業主婦のキャッシング 銀行か配偶者貸付制度
  3. 金融事故があっても借りられる中小消費者金融だけど
  4. 申し込みブラックになった場合は?
  5. 中小消費者金融の審査落ち後は債務整理のみ
tyusyokarirenai360x120.jpg

銀行カードローンの審査に落ちたら?

カードローンの審査は厳然なものですが、金融機関によって。審査基準が違います。
また、同じ審査基準の消費者金融だとしても、審査通過のタイミングなどで、審査に通ったり、落ちたりします。
ただ、最低基準はあります。
それぞれのカードローン会社では、“◯◯な人は絶対に借りられる”という定義もないことから、情報サイトがたくさんあります。
審査基準の違いについても、様々です。

A銀行カードローンは審査落ちだけど、B銀行カードローンは借りられた

銀行の審査では、ブラックではないことで、審査通過の可能性が大きくなります。
保証会社が存在する銀行のカードローンでは、銀行だけではなく、保証会社がどう判断をするかが大きな問題です。
それぞれの銀行の保証会社がもし審査基準が少し甘ければ、A銀行はダメだけど、B銀行はOKになることがあります。
メガバンク、ネット銀行、信用金庫、地方銀行などでも審査基準が微妙に違っているのが現状です。

銀行カードローンは一般的に厳しい

銀行カードローンは、キャッシングの中でも一番審査が難しいとされています。
ブラックとは事故情報ですが、多重債務者、債務整理者、延滞者などは借りることが困難とされています。
しかし、何故か無収入の専業主婦だけは特別に借りられる銀行法の特徴です。
専業主婦は、消費者金融では契約者になることができないです。
その他の方は、銀行でのある程度の信用が必要で、信用情報が大きな限らになります。
銀行カードローンの審査通過率は40%もないというのですから、審査落ちでも落ち込むことはないでしょう。
まだ消費者金融の審査方が甘いとされています。
インターネットのバナーなどで、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンなどの銀行系カードローンの宣伝を派手に行っていますが、案外と狭き門であるといえます。

大手消費者金融にいってみよう

銀行系のカードローンで審査落ちをしたら、大手消費者金融での借入に申し込みをしてみて下さい。
銀行がダメでも大手消費者金融で借入ができる方はとても多いです。
利用限度額が年収3分の一の総量規制範囲内になりますが、返済になるとその方が楽だったりします。
銀行カードローンのワイドな限度額は魅力ですが、審査の甘さで言うと大手消費者金融の方が楽です。
では、大手消費者金融審査落ちの場合は?というと、中小消費者金融に行くか、多重債務者の場合はそのまま債務整理も考えましょう。
ブラックであれば、ここでキャッシングを諦めるの一つの選択です。
▲メニューに戻る
tyusyokarirenai360x120.jpg
 

専業主婦のキャッシング 銀行か配偶者貸付制度

専業主婦のキャッシング事情としては、銀行カードローン審査しかないといえます。
もし、夫に内緒でキャッシングをしたい、カードローンを持ちたいのであれば、銀行でのキャッシングしかないです。
選択肢はここだけです。

消費者金融はどうしてダメなの?

銀行と消費者金融のキャッシングでは、法律が違います。
銀行法は、専業主婦のみカードローン申し込みができますが、消費者金融は貸金業法で収入がある方のみの対応になります。
貸金業法では、カードローンの限度額を年収3分の一と決めています。
専業主婦は、収入がゼロですから、総量規制もゼロです。
しかし、一部の消費者金融では配偶者貸付制度があり、専業主婦のキャッシングができます。
限度額は、銀行カードローン同様の最高でも50万円程度です。

配偶者貸付制度の内容

50万円程度のキャッシングができるこの制度は、文字通り配偶者の存在がクローズアップされます。
ですから、夫なり配偶者の同意が必要で、共同で貸付を行います。
ここで内緒ができない、同意書が必要であり、銀行カードローンの限度額とは異質なものになります。
夫に内緒で作れない事ですし、信用情報も夫の内容が基本になります。
ブラックであったり、総量規制を大幅に使い込んでいる場合は、専業主婦の借りられる範囲がないということになります。
ですから、消費者金融での専業主婦のキャッシングの機会は難しいでしょう。

大手消費者金融には配偶者貸付制度はない

CMを行っている大手消費者金融では配偶者貸付制度はありません。
あくまでも収入がある主婦に限定したキャッシングしかできません。
ですから、銀行カードローン審査落ちの専業主婦の場合、配偶者の同意を持って配偶者貸付制度に申し込みをするしかないのです。

利用限度額は精一杯

収入がないことには返済リスクが高い専業主婦のキャッシング。
サラ金時代には、総量規制などは存在しなかったのですが、現在は違います。
しかし、銀行カードローン審査は普通厳しいとされていますが、信用情報に問題がない専業主婦には貸付を行っています。
金融事故情報がないことが原則であり、基本的に多重債務などはできないのが現状です。
消費者金融系の配偶者貸付制度にしても大手消費者金融では対応していないのですが、中堅消費者金融としては、総量規制対象外の特別待遇として対応しています。
カードローン申込ではなく、振込キャッシングになりますが、お金がほしい専業主婦にとってはありがたい待遇といえます。
最も内緒ができないこと、配偶者の信用情報の内容によっては契約ができないなどの注意事項がありますが。
▲メニューに戻る
tyusyokarirenai360x120.jpg
 

金融事故があっても借りられる中小消費者金融だけど

いつも使っている大手消費者金融での新規キャッシングができない。
何か信用情報で金融事故情報があったのでしょうか?
これが銀行カードローン審査であったとしても、同じ疑問が湧き出ます。

審査の甘い消費者金融もあるんだって?

それは中小消費者金融や中堅消費者金融と呼ばれるところです。
大手消費者金融と違い、信用情報に金融事故情報があったとしても借りられる金融業者です。
ただし、すべての金融事故に対応しているわけではありません。
審査落ちした時には、一応原因を考えてみること、その上で中小消費者金融の申し込みを考えてみましょう。

多重債務者の場合

大手消費者金融や銀行カードローンでは、3社程度の多重債務は審査落ちの要件です。
ですから、新規のキャッシングが3社の場合は、中小消費者金融に相談してみると良いでしょう。
まだ総量規制範囲内であったり、返済できる範囲の収入であれば、問題なく中小消費者金融では審査に通る可能性は大きいでしょう。
体験談では、4社程度までなら、総量規制範囲内、返済能力がある場合、借りられるとあります。

債務整理者の場合

債務整理の情報では、5年以上は借入ができないとされていることが多いです。
最低でも5年間はキャッシングもクレジットカードも作れないとされています。
ただし、これも大手消費者金融や銀行カードローン審査の場合です。
中小消費者金融では、返済能力がある債務整理者に限定ですが、任意整理や個人再生などでは、返済中の借入もできるところは多いです。
自己破産でも収入があれば1年後くらいに審査通過の口コミがあります。
ということは、中小消費者金融では、債務整理者の契約ができてしまう、それも申込、審査対象になると。
ブラック対応とか、金融ブラックの名前で言われることもありますが、あくまでも総量規制範囲内と返済能力がある、収入がある場合の話です。

体験談は鵜呑みにできない?

大手消費者金融と銀行カードローン審査落ちの方が中小消費者金融での借入成功の口コミはとても多いです。
審査基準が違うので、本当に借りれる可能性はあります。
多重債務も4社とか、債務整理後すぐの借入などの情報も多いですが、すべての方が審査通過ではありません。
一応、申し込みをしてみて、あとは審査次第であることは認識した方が良いでしょう。
特に自己破産の場合、その金額が多額だったり、延滞期間が長い場合は、中小消費者金融でも審査に通らないことはあります。
また、住宅ローン残る個人再生の場合、収入が低い返済負担率の関係では審査が難しい場合が多いです。
中小消費者金融ではローンカードではなく、振込キャッシングです。
審査に通ったとしても、希望額ではなく、小口融資であることが多いため、これなら審査通過とは言えないよ、と思われる方も多いです。
また、消費者金融に通ったとしても、返済負担が多くなるばかり、大手消費者金融より金利が高いため、借りなければ良かったとの口コミも報告されています。
▲メニューに戻る
tyusyokarirenai360x120.jpg
 

申し込みブラックになった場合は?

申し込みブラックとは、短期間に集中して申し込みを繰り返す行為です。
例えば、一度消費者金融の審査に申し込みをして落ちたら、すぐに違う消費者金融やA銀行、B銀行と続けて申し込みをしてしまうことです。
どこかの審査に通れば良いやとか、一括して申し込みなどをすることで、実はすべて審査落ちという結果になります。

この時の信用情報は書き換えられる

信用情報は、個人信用情報機関のことを言います、。
国内には3箇所存在していて、キャッシングやカードローン、クレジットカード、住宅ローンなどの申し込み、実際のキャッシング、返済までをすべて記録しています。
よく審査で信用情報を確認とありますが、この個人信用情報機関の借金と返済の状況を確認しているのです。
ですから、申し込みすべてを記録された時、続けて申し込みをしていることもバレバレなのです。
申込者は、最初の1社で審査落ちなのに、しつこい申し込みをしている、よほどお金に困っていると思われます。
実際1社目で借りれないということであれば、金融事故情報などがある方であり、このままではどこも借りれない、審査落ちになってしまうのです。
これを申し込みブラックと言って、一度この金融事故情報になるとも約半年間は大手消費者金融や銀行カードローン審査に通らないことになります。

ところが中小消費者金融では?

A銀行、C銀行、B消費者金融と続けて申し込みをして申し込みブラックになりました。
それで、やっとD中小消費者金融に申し込みをしたとします。
中小消費者金融の審査の甘さでは、申し込みブラックの方も審査対象になり、返済能力があれば借りられることが多いです。
申し込みブラックになったとしたら、中小消費者金融がポイントになります。
一応金融ブラックとなって、ローンカード契約、カードローンカ会社の審査対象にならないことが多いです。
申し込み程度でどうして金融ブラックになってしまう?点ですが、カードローン申込は、借金です。
いい加減な方には貸せないというのが、金融業者の考え方です。
1社目でダメなら、せめて2社であり、どうして審査落ちになったか冷静になって下さいと言うことです。
ですから、申し込みブラックは、冷静になった時に、入力情報を間違えていたとか、本当に借りられないブラックの場合もあります。

確認してほしいこと

初めてのキャッシングではなく、多重債務者の場合は総量規制や他社借入件数の数、延滞はしていないかなどを確認して下さい。
もし、延滞しているようなら、すぐに返済をしなければ、今後のキャッシングにも大きな影響を与えます。
他社借入件数が多いのも大手消費者金融などでは申込をしても無駄です。
そして、消費者金融は総量規制が限度額であり、中小消費者金融でもオーバーしてのキャッシングは絶対にないです。
ブラック情報があれば、銀行カードローン審査では保証会社の保証は受けられませんし、アコムなどの大手消費者金融でも審査は通らないです。
その一つが申し込みブラックです。
心当たりがあれば、中小消費者金融に行くことをお勧めします。
限度額に余裕があり、返済できるだけの収入があればの話ですが。
▲メニューに戻る
 
tyusyokarirenai360x120.jpg

中小消費者金融の審査落ち後は債務整理のみ

ブラック歓迎の金融業者が存在します。
どこの貸金でも審査に通らなかった方でも、ここはなんと無審査。
専業主婦も無収入も生活保護者だって借りられると言うのです。
信用情報がどんなに金融事故情報があったとしても無審査ですから、ブラック情報なんて無関係です。
そんな夢のような金融業者、本当に存在するのです。
そこの金融機関は、闇金です。

個人信用情報機関はまるで関係ない、だから債務整理もできない

信用情報を元に審査をしないということは、申込者の権利も主張できないことになります。
これだけの記録があるから貸してほしいと言う証拠みたいなものです。
闇金以外の金融機関や金融業者では、銀行法や貸金業法に則った営業で、申し込み情報と信用情報で、審査をします。
そこで、返済ができると判断した方が審査に通るのです。
消費者金融系カードローンや銀行カードローン審査では少し厳しいのですが、審査が甘い中小消費者金融や中堅消費者金融では、多少の金融事故情報でも、返済能力があればキャッシングができます。
ところが、このような情報を当てにしない闇金では。誰にでも貸します。
しかし、保証もないかわりに法外な利息を言ってきます。
取り立ても返済も無法ですから、好き放題のキャッシング。
審査なんてないですから、貸す側としても節操がないやり方です。

ブラックだけど関係ない

審査に通らない場合、闇金の無審査が堂々と通るのです。
お金は貸してくれるかもしれませんが、返済はとんでもなく高額になります。
本当は、1円だって多く返済できないはずなのですが、いわばむしり取られる形になります。
個人情報も流出してしまったり、最悪口座を売れと架空口座の犯罪に巻き込まれることもあります。
闇金は、消費者金融審査落ちの方に甘い言葉でやってきます。
中小消費者金融の審査落ちになったあとは、借りれる金融業者は絶対に存在しないのです。

ソフト闇金は審査があるけれど

確かに在籍確認がありますが、ここも正規金融業者ではない闇金です。
ブラック情報でどこからも借りられない方を食い物にしているところで、闇金よりは体系時な数字はありますが、実質年率は40%程度になる場合が多いです。
中小消費者金融で借りられない場合、多重債務者なら債務整理であり、債務整理後で無収入の方は、自治体などの生活保護申請など念頭に、闇金などには引っかからないことです。
はっきり言って、大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちの場合で債務整理に行くのが妥当です。
ブラック対応の中小消費者金融に行かないというのも勇気ある行動です。
▲メニューに戻る
tyusyokarirenai360x120.jpg
tyusyokarirenai360x120.jpg